教育理念・目的・目標・沿革

=教育理念=
 看護は人間の生命、健康および社会に関与する専門職業である。看護の対象に関わる者は、生命の尊厳と人間尊重を基盤とした豊かな人間性が求められる。本校は、自己の倫理観や豊かな人間性を持ち、人々のあらゆる健康段階に応じた健康上の問題を解決する基礎的な能力を有する看護実践者を育成するとともに、看護専門職として必要な生涯学習の基礎を育成する。
 また、設置主体である長野市医師会の設立理念である地域に密着した保健・医療・福祉に、総合保健医療福祉チームの一員として将来貢献できる看護実践者を育成する。

 
 
=教育目的=
<第1看護学科>
 看護を実践するために必要な、専門知識、専門技術を修得し、豊かな人間性を養い、
 地域の人々の健康と福祉に貢献できる看護師を育成する。

<第2看護学科>
 看護に必要な知識・技術・態度を主体的に学び、
 変化する社会のニーズに対応できる基礎的能力を身につけた看護実践者を育成する。

<准看護学科>
 准看護師として必要な知識・技術を習得し、人間関係を築く力を養い、
 職業人としての自覚と責任を持ち、社会に貢献しうる有能な人材を育成する。
 
 
 
=教育目標=
<第1看護学科>
 1. 人間を総合的に理解し、相互に人間として尊重できる能力を養う。
 2. 専門職業人としての姿勢と倫理観を養う。
 3. 専門知識・専門技術を基盤とし地域の人々へ看護を実践する能力を養う。
 4. 論理的・科学的思考に基づいた問題解決能力を養う。
 5. 保健・医療・福祉チームの中で協働・調整する能力を養う。
 6. 専門職業人として、学習力を備え、自己研鑽できる能力を養う。

<第2看護学科>
 1. 生命の尊厳と相互に人として尊重し合うことができる態度を養う。
 2. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解し、
   対象を個別にとらえる能力を養う。
 3. 健康は自然・社会・文化的環境との相互作用の中で影響されることを理解し、
   対象の健康をとらえる能力を養う。
 4. 対象の健康上の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる
   基礎的能力を養う。
 5. 変化する社会の中で、保健・医療・福祉における看護の果たす役割を
   探求することができる。
 6. 看護の専門職業人として、自己研鑚に努め、常に学習する習慣を身につける。
 7. 自己の看護に対する考えを明確にできる。

<准看護学科>
 1. 生命の尊厳と、相互に人間として尊重できる能力を養う。
 2. 専門職業人としての姿勢と倫理観を養う。
 3. 医師、歯科医師、又は看護師の指示のもとに、療養上の世話や診療の補助を
  対象者の安楽を配慮し、安全に実施することができる能力を養う。
 4. 保健医療福祉チームの中で准看護師の果たす役割について理解し、協働する能力を養う。
 5. 専門職業人として、学習力を備え、自己研鑽できる能力を養う。
 
 
 
=沿革=

昭和27年4月21日 長野市医師会准看護学院開校
昭和50年4月1日 准看護師養成所の進学課程として長野県医師会附属長野高等看護学院開校
昭和63年4月1日 准看護師から看護師への一貫した教育を目的とし、
長野市医師会附属看護専門学院准看護学科・看護学科と校名変更
平成20年4月1日 専修学校へ移行
平成21年4月1日 3年課程を増設、校名を長野看護専門学校に変更