看護をしっかり学べる環境

長野看護専門学校の特色

POINT 01

3学科を併設

自分にあった“学び方”で
看護師国家試験合格を目指します。

POINT 02

社会人にも優しい学校

幅広い年齢層の男女学生が
一緒に学んでいます。

POINT 03

各種奨学金・
給付金制度が充実

「専門実践教育訓練給付金」の
厚生労働大臣指定講座です。
(准看護学科・第2看護学科)

POINT 04

高等教育の
修学支援新制度の
対象校の認定

(第1看護学科・第2看護学科)

資格取得までの流れ

Aパターン

3年間で看護師国家資格の取得を目指す。

第1看護学科

第1看護学科

3年間の学習

看護師国家試験

看護師資格取得

Bパターン

5年間で看護師国家資格の取得を目指す。

准看護学科+第2看護学科

准看護学科

(働きながら)
2年間学ぶ

准看護師資格試験

准看護師資格取得

本校卒業生の
8~9割が進学

第2看護学科

(働きながら)
3年間学ぶ

看護師国家試験

看護師資格取得

看護師と准看護師の違いってなに?

免許付与の機関(看護師は厚生労働大臣、准看護師は都道府県知事)と業務内容が異なります。『看護師』とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者のことです。『准看護師』とは、都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師または看護師の指示を受けて、傷病者に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者のことです。

学校自己評価

平成14年3月、専修学校設置基準が改正され、専修学校は教育活動について自ら評価を行うための評価項目を設定し、点検・評価を実施した結果を公表することが努力義務化され、平成19年には学校教育法の改正により、自己評価の実施と公表が義務化されました。
本校は、平成21年度に第1看護学科を開設し、それまでの准看護学科・第2看護学科と併せ、3学科2コースで看護基礎教育をスタートさせました。平成23年度から、自己点検・自己評価委員会を設け、検討・改善を重ねながら学校運営にあたって参りました。
この度、令和2年度評価がまとまりましたので、結果を公開しますとともに、今後も分析と検討を重ね、受益者である学生の学習環境改善に努めて参ります。

令和2年度 学校自己評価結果

大項目評価

評価:4段階 4:適切 3:やや適切 2:やや不適切 1:不適切

教育理念目標 学校運営 教育活動 学修成果 学生支援 教育環境 学生の受入れ募集 財務 法令等の遵守 社会貢献・地域貢献
3.1 2.9 3.0 3.0 3.1 2.6 3.3 2.7 3.2 2.3

大項目評価のレーダーチャート

大項目毎の自己評価の要約と詳細

1 . 教育理念・目標 3.1

本校は、豊かな人間性と変化する社会のニーズに対応できる基礎的能力を備え、地域に貢献できる看護実践者の育成に努めている。学校の理念・目的・育成したい人材像・学校の特色などは、学生便覧、ホームページ、学校案内パンフレットに明記している。学校説明会や高校生対象の進学説明会を通じ、本校がめざす看護教育への理解を深めてもらっている。在校生には「教育課程ガイダンス」を計画的に複数回実施している。また、保護者会での説明、保護者対象の学校評価アンケートにも学校理念、目標を明記し、周知を図っている。
2022年には看護基礎教育のカリキュラムが改正となる。現行カリキュラムを評価し、生活環境の変化や看護の対象の拡大に対応できる、学び続ける学習者の育成を目指し、カリキュラム申請に臨む。
本校は、3年の教育課程、2年の教育課程(進学コース)、准看護師課程を有した専門学校である。18歳人口が減少し、県内に複数の看護大学が新設される中、安定的に優秀な学生の確保をするためには学校のあり方を検討していくことが課題である。

2 . 学校運営 2.9

教育理念・教育目的を踏まえ、運営方針、年間予算案・事業計画を立案し、学校運営を行っている。しかし、今年度COVID-19の対応に追われ、危機管理個別マニュアルやBCP(事業継続計画)の作成は、未作成のままである。COVID-19に対しては、国や県から情報を得、状況に対し、対策を講じ、感染拡大を防ぐことができた。危機管理体制の不備が露見する結果となったが、今後、COVID-19のみならず危機発生時の意思決定体制や運用方法を定める危機管理計画、初動対応計画等を盛り込んだBCPの策定を進めていく。

3 . 教育活動 3.0

教育理念に沿って、資格試験合格を視野に入れ、新カリキュラム改正への取り組みを進めている。アクティブラーニング、プロジェクト学習を実施し、専門看護職として自主的な学びへとつなげている。「社会人基礎力項目」への取り組みを始め、意識付けができてきている。授業評価を実施し、授業の改善を図っている。GPAデータの自己管理を行い、早くから資格習得の意識付けをしている。学科等のカリキュラムは体系的に編成されている。あらゆる背景を持った学生が入学してくるため、さらに資格習得に向けて指導体制が必要となってきている。教員の資質向上に向け、教員が最先端の知識や技術を習得できる環境を整備していく。

4 . 学修成果 3.0

国家試験合格率第1看護学科97.1%(新卒者100%)、第2看護学科100%、(全国合格率90.4%)、准看護師資格試験合格率は100%を維持している。就職率は100%を維持している。
家庭環境が整わず学修に向かえない学生もおり、学修環境を整えることから始めるため時間はかかるが、「個別の関わり」には力を入れている。そのため、卒業に3年間以上かかる学生もいるが、退学率が増加しないよう面談を重ねている。普段の学修はもちろんだが各学科国家試験(資格試験)担当の教員を置き模擬試験を定期的に組み、結果を分析したうえで面談を行い、補修講義をしている。また、業者による国家試験対策講習会への参加など活用し、知識が定着できるよう支援をしている。

5 . 学生支援 3.1

進路・就職に関しては、学年担当や教務主任を中心に相談に応じている。毎年3月には、3学科の学生を対象とした就職ガイダンスを行っている。長野市内外の病院に参加していただき、資格取得後の就職への情報を収集できる機会としている。また、第1看護学科では、卒後1年目の卒業生を招き、近況報告を含め、医療施設の情報交換を行っている。医療施設の採用時期が年々早まっており、1・2年時から就職を視野に入れられるようインターシップの参加を促している。
学生相談に関しては、教員対応だけでなく、週2回、学校カウンセラーが学校相談室に待機し、悩みや不安を抱える学生に対応している。
学生の経済的支援として、准看護学科及び第2看護学科の社会人入学生に対し「専門教育訓練給付金制度」の認可を受けている。また、経済的理由で学修を断念することがないよう、今年度「高等教育修学支援新制度」の対象校として認定を受けたことで来年度から適応されることになった。さらに、来年度から長野市医師会から成績優秀者に対し、奨学金制度を予定している。

6 . 教育環境 2.6

平成26年大規模改修工事、平成29年度実習室ベッドの電動化、教育シミュレーターの計画的購入などにより、教育環境を整えてきた。今年度、COVID-19発生により、全ての教室でオンラインの授業が実施できるようにWi-Fi環境を整えたが、建物の構造により、Wi-Fi環境が不安定で不具合が起きているため来年度工事を予定している。視聴覚教材については、プロジェクター等、購入を予定している。また、密を避けるためには、講義内容により広い教室(大会議室・演習室)を使用しているが、3学科で8クラスあるため広い会場の運用が課題となっている。学生サロンも密にならないような配置、室温の整備など整えていく予定である。
防災については、学校危機管理基本マニュアルの作成をし、緊急時の連絡等オクレンジャーを活用している。地震、火災等の個別マニュアルやBCPを作成していく。

7 . 学生の受入れ募集 3.3

学生募集活動については、高校訪問、業者企画の進学説明会、学校見学など、継続して行ってきた。オープンスクールはコロナ禍で開催はできなかったが、学校説明会を3回実施した。希望者には個別に丁寧に説明を行った。受験の時期と回数の検討を行い、第1看護学科は、1回目の一般入学試験の時期を早めた。また、各学科とも複数回一般入学試験を行うことでより受験をしやすくした。受験生の多くが、ホームページから情報を得ているというアンケート結果を受け、各学科で学校生活等の動画作成を行いホームページにアップした。来年度は、学校ホームページをリニューアルし、学校行事や学校生活、学生の声など最新の情報をリアルタイムに発信していきたい。

8 . 財務 2.7

学校の財務基盤は、四年制看護系大学の開設に伴う応募者数の減少、入学生の確保困難等により将来展望が描きにくい状況であり、中長期的な財務基盤安定には課題がある。令和3年度入学生からの授業料等の値上げにより安定化を図っていく。
学校の予算・収支の状況は、関係会議に諮ることで、妥当性、透明性を確保し、適正に執行されている。財務情報は、申請により開示しているが、体制の整備は課題である。

9 . 法令等の遵守 3.0

関係法令および専修学校の設置基準等遵守している。個人情報保護に関しては、実習を含めSNSによる問題等、学生のみならず教職員への周知徹底を一層図っていく。
学校の自己評価においては、毎年実施し、ホームページにて公開している。また、今年度は、コロナ禍のため書面による評価となったが、学校関係者評価委員の方からご意見を頂き、ホームページに学校関係者評価も公開した。

10 . 社会貢献・地域貢献 2.3

今年度は、COVID-19の影響もあり十分な活動はできなかったが、学校に案内が届いた地域イベント運営へのボランティア等、協力している。各教員の専門分野を生かした社会貢献として、外部機関からの要請に応えて講師派遣に努めている。卒業生の多くが、地元に就職していることからも社会貢献・地域貢献度は高い。今後も、社会活動・社会貢献・ボランティア活動の奨励、支援、地域に対する公開講座の受託等に関して、参加機会の拡大を進めていく。

2020年度 保護者(保証人)による学校評価アンケート結果

評価内容 全体
学校は理念・教育目的・教育目標を分かりやすく、表現している 2.94
教育理念・教育目的・教育目標は、学生の学習の指針になっている 2.89
理念等の達成に向け、特色ある教育活動に取り組んでいる 2.85
授業科目の単位履修の方法は、学生便覧に分かりやすく明示されている 3.02
実習施設との連携等、医療施設との協力体制が整備されている 2.96
単位認定のための評価は、学校全体として一貫性がある 2.74
学習への指導は、学校全体として一貫性がある 2.69
学習への指導は、学生の学習の動機づけと支援になっている 2.73
学生の進路・就職に関する支援体制は整備されている 2.78
学生は学校生活を円滑に送れるように、施設設備を整備改善している 2.81
教育・学習活動に関する情報提供は適切に行われている 2.84
学校ホームページは、分かりやすく整備されている 2.95
学校は、看護教育活動を通して地域社会への貢献を組織的に行っている 2.86

※4段階評価(4:とてもそう思う 3:そう思う 2:あまり思わない 1:全く思わない)

学校関係者評価報告書は以下よりご覧いただけます。