学費・学費サポート

学生納付金

2022年4月入学生納付金

  第1看護学科 第2看護学科 准看護学科 納入時期
入学金 150,000円 100,000円 100,000円 入学手続き時
授業料 年額650,000円 年額450,000円 年額450,000円 前期・後期分納
施設設備費 年額90,000円 年額60,000円 年額80,000円 前期・後期分納
教材費 350,000円 260,000円 150,000円 入学前
卒業までの費用合計 2,720,000円 1,870,000円 1,310,000円  
  • ※本校准看護学科からの推薦入学生は、第2看護学科の入学金が免除されます。
  • ※第2看護学科の施設設備費は、3年次は年額40,000円となります。
  • ※教材費は、教科書代金・実習用ユニフォーム代金・模擬試験代金・学生傷害保険料・看護師国家試験または准看護師資格試験の受験に関する諸費用・演習に関連した教材代金などに使用します。

専門実践教育訓練給付金厚生労働大臣指定専門実践教育訓練指定講座

対象者:第2看護学科及び准看護学科の社会人学生

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者または雇用保険の一般被保険者であった方が、厚生労働大臣の指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額をハローワークから支給する制度です。
支給要件を満たしているか入学1ヶ月前までに管轄のハローワークにお問い合わせください。
在学中に教育訓練経費(入学金と授業料)の50%が給付され、卒業後1年以内に看護師または准看護師免許を取得し就職すると追加で20%が給付されます。

2022年度入学生の給付金概算額

第2看護学科 101.5万円
准看護学科 70万円

※上記金額はあくまで目安です。条件により給付額が異なる場合があります。
第1看護学科は現在、専門実践教育訓練給付金の対象外です。
准看護学科から第2看護学科に進学する場合は、2つの学科のうちいずれか一方の受給となります。
詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

長野看護専門学校
成績優秀者奨励金

本校独自の給付奨学金。
前年度の学業成績優秀者上位5名に対し、授業料の2分の1または3分の1相当額を支給する。(1年生は対象外)

※成績優秀者の基準:GPA(Great Point Averege)制度
90点以上を4pt、80~89点を3pt、70~79点を2pt、60~69点を1pt、59点未満を0ptと換算し、合計ポイントを科目数で除算して算出

2022年度入学生の給付金概算額

支給額 第1看護学科 第2看護学科 准看護学科
成績1位・2位
(授業料2分の1相当)
325,000円 225,000円 225,000円
成績3位・4位・5位
(授業料3分の1相当)
216,000円 150,000円 150,000円

各種奨学金

日本学生支援機構奨学金(対象者:第1・第2看護学科)

国の貸与型奨学金。
貸与型には第一種(無利息)、第二種(利息付)、入学時特別増額の3種類あり。
詳細は、日本学生支援機構のホームページをご覧ください。

長野県看護職員修学資金(対象者:全学科)

長野県の条件付給付型奨学金。
貸与月額:36,000円(第1・第2看護学科)、月額21,000円(准看護学科)。
詳細は、長野県のホームページをご覧ください。

長野市医師会奨学資金(対象者:全学科最上級生)

長野市医師会の貸与型奨学金。
貸与月額:20,000円以内(自宅)、35,000円以内(自宅外)。

病院の奨学金(対象者:第1・第2看護学科)

病院の条件給付型奨学金。
当該病院に就職することが前提であり、一定期間勤務すると返済が免除されます。
詳細は、各病院のホームページをご覧ください。

※その他の給付金・貸付金として、高等職業訓練促進給付金、高等学校等就学支援金・学び直し支援金(准看護学科)、生活福祉資金貸付制度(教育支援資金)、国の教育ローン等があります。

高等教育修学支援新制度

これにより、来年度から第1看護学科と第2看護学科の新入生で高等学校を卒業後2年以内に当該学科に入学された方で、住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生は授業料と入学金が減免されることになります。制度の詳細については、文部科学省のホームページをご覧ください。